人間の本心は怖い

| トラックバック(0)

私には霊とか金縛りとかそういった怖い体験はしたことはありません。ですがみなさんの身近にある怖い体験といったら人間の考えていることだと私は思うのです。

人間は初対面の人に本心を見せることはあまりないと思います。なぜなら、その人がその場で話すだけの会うのが一回きりの人なら気を遣ってでもよい雰囲気で終わらせたいと大体の人が思うからです。その人が去ってから言いたいことを言いまくったってその人はもうおそらく一生会うことがないのだから傷つく必要性がありません。町中ですれ違う人とか、そういう人に対してなら後からの悪口はまだ許される行為です。

 

では次にあなたの職場の同僚や学校の友達について考えてみましょう。私の体験談を踏まえながら書いていこうと思います。いつも一緒にいる人に対して本心を見せることは決して変わったことではないと思います。信頼している人に相談を持ちかけて、それに対しての意見を相手と言い合うとか、自分を成長させてくれるために本心をぶつけるのは素晴らしいことだと私も思います。ですがこのような場合はどうでしょう。相手が自分のことを嫌っていたとして、自分と喋っているときはいいように話してくれるのに、陰で悪口を言っていたら...そういう意味での人間の本心は怖いということです。陰ではなく、あるとき面と向かって言われたら尚更です。人間は相手のことが嫌いだったとしても、その場の雰囲気を乱したくないがためにしばらくは気をものすごく遣って相手の意見に合わせてしまうものです。乱した瞬間周りから白い目で見られるのが怖いから我慢しているのです。でもいつしか我慢の限界が来た時、相手に本心を思う存分ぶつけてしまうでしょう。その人が普段とても穏やかだったとしても、その人からは想像のつかない暴言を使って相手を攻撃することと思います。よくニュースで「あんな昔は穏やかな子だったのに殺人なんて信じられません...」などと容疑者を知る人が語っているのを目にしますが、穏やかな人だからこそいつかは思いが爆発してしまうのだと思います。

 

相手が自分のことを嫌うのには自分に原因があるかもしれませんが、もしかしたらただ単に自分は悪くなくても相手が自分のことを気に入らなくて嫌われているということもあります。でも、いつも身近にいてくれる人ならお互いのよくないところを話しあえば大事にならなくて済むかもしれません。それができないのであればそれは仲間とはいえないでしょう。人間の本心は度が過ぎれば凶器になるので、うまく周りと付き合っていけることが理想ですね。

 chocolat latte ショコララテ

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ysato002が2014年5月29日 22:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トクホのお茶の感想」です。

次のブログ記事は「声の不思議」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30